読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

所見:実力と年齢の話

f:id:rin_c:20170221055853p:plain

インターネットというところでは、性別年齢出身立場関係なく交流し合うことができ、そこが魅力であり面白いところの一つだと思います。

でも、大多数の一般人がネットやSNSを活用するようになったいま、自分の素性をなるべく隠してネットの世を生きてる、みたいな人のほうが少数派になりましたね。
自分はゲーム生まれネット育ちみたいな人間なので、今日もこそこそと生きています。

自分は基本的にコンテンツの受け手タイプ(テレビや映画を見るのが好きとか、音楽を聴くのが好きとか)ではないので、これまで色々となにかを”やる”ような界隈で色々やってきたのですが、その中で、”実力と年齢”についていろいろ思うことがあったわけです。

省略して結論の意見をいうと、”ことインターネットの世界では、年齢より歴で見るべき” だと思います。
歴っていうのはネット歴とかスポーツ歴とかの歴です。

例えば、Twitterとか見てると、ネット歴が浅い人ってすぐわかりますよね。
有名人にゴミみたいなリプライを送る人とか、爆笑動画? とかをRTしまくってる人とか、そういう雰囲気の人っていうのは明らかにネット歴が浅い人だと思うんですよね。
実際の年齢がわからなくても、ネット歴っていうのはなんとなくわかる。
インターネットの世界では、”年齢が同じ”より、”ネット歴が同じ”人たちの方が似た雰囲気を醸し出しているように感じます。

話を戻して実力の話です。

例えば、15歳でイラスト歴5年の人と、25歳でイラスト歴半年の人が作る絵のクオリティが同じだったとき、これは歴が半年の人の方が凄いと思うんですよね。

まぁやっぱり、若年で、っていうのはなんでもインパクトがあると思うんですが、ひとまず驚くくらいにしていただいて、歴とかも加味して評価をすると、より良いんじゃないでしょうか。

あと、「若いのに凄い」じゃなくて、「凄いのに若い」の方が健全なんじゃないかと思うんですよね。言われる側からにしても、界隈にとっても。

 

以上です。